11月のハートフルセラピー

  

2021.11.16 徳島新聞掲載


アルコール関連問題啓発週間

 
毎年、11月10日から11月16日は「アルコール関連問題啓発週間」です。
アルコール関連問題とは、アルコール依存症や、不適切な飲酒が原因で
生じる身体疾患を含むアルコール健康障害と、それに関連して生ずる、
飲酒運転、暴力、虐待、自殺等の問題のことです。政府では、国民の間に広く
アルコール関連問題に関する関心と理解を深めるため、毎年アルコール
関連問題啓発週間(1110日から16日まで)を設け、啓発を行っています。

もともとお酒が全く飲めない人もいれば、たくさん飲める人もいるのは、本人の遺伝的な要因が関係しています。お酒は体に入ると、≪アルコールアセトアルデヒド酢酸→…と酵素により分解され、最終的に体外に排出されますが、この分解に関する2つの酵素は遺伝的にタイプが決まっています。そして、この2つの酵素の遺伝子のパターンとアルコール依存症の発症の関係を調べたところ、1.お酒に強い(お酒で顔が赤くなりにくい)けれど、2.翌日もお酒が残りやすい人では、アルコール依存症の割合が、他のタイプの人よりも多いことが研究でわかっているのです。

●アルコールとメタボリックシンドローム
●アルコールと認知症
●飲酒と事故
●アルコールとうつ、自殺
●若者の飲酒と健康
女性の飲酒と健康

アルコール依存症は、大量のお酒を長期にわたって飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態で、精神疾患のひとつです。その影響は精神面にも、身体面にもあらわれます。また、仕事や家庭生活など生活面にも支障が出てくることがあります。
アルコール依存症では、アルコールが体から抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛・吐き気、下痢、手の震え、発汗、頻脈・動悸などの離脱症状が出てくるので、それを抑えるために、またお酒を飲んでしまうということが起こります。アルコール依存症は「否認の病」ともいわれるように、本人は自分が病気であることを認めたがらない傾向にあり、適切な相談や治療につながりにくいという問題があります。また、治療を受けるなどしていったんお酒をやめても、その後に一度でも飲むと、また元の状態に戻ってしまうので、アルコール依存症からの回復には、本人が治療に対して積極的に取り組むことはもちろん、家族をはじめ周囲の人のサポートがとても大切です。

 

徳島県内のこころの医療機関

徳島県のこころの
医療機関